けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

大阪駅前ビルのラーメン屋 神虎の餃子を柚子胡椒でどうぞ

time 2016/01/05

大阪駅前ビルのラーメン屋 神虎の餃子を柚子胡椒でどうぞ

『松本家の休日』というTVで大阪駅前ビルが特集されてましたね。
私はその界隈の金券ショップには度々足を運ぶのですが、飲食店に関してはまだまだ開発途上なのです。
メンズの御用達エリアというイメージですが、美味しくて安いお店がたくさんあるお宝探しスポットでもある訳です。
腕が鳴るぞ。( ̄Д ̄)ノ

というわけで、今回は梅田の大阪駅前第4ビルB1Fにある『麺s room 神虎』を紹介します。

image
表はお客様がいらしたので、目印になる側面の赤提灯を。
このお店はもともとは夫の行きつけのラーメン屋さんです。
ということは、チャーハンの味はお墨付き。

お店は表のマシンで食券を買ってから入店するスタイル。
私は初めてなのでメニューを見ながら迷っていると、あっという間にずらりと4組の行列。
夫、ごめんなさい。最後尾に並び、順番を待つ。

image image
せっかく2人なので、神虎と黒虎を試してみることに。
ランチタイムはご飯ものが大盛り無料とのことなので、2人でご飯ものを1つ。
「チャーハンはいつも食べてるから、今日はチャーシュー丼にするわ。」と夫。
私は餃子も食べてみたかったので、麺sセットにすることに。

やっとこ店内へ。
テーブル席はすでに満席。入口のカウンターへ。
食券をカウンターのお兄さんに渡すと、「細麺、中細麺」「麺の固さ」「背脂の量」を聞かれます。
「全部普通で。」をチョイス。
「良かったらどうぞ。」とお姉さんが紙製の前掛けを差し出してくださいました。
さりげない気遣い。

image
待ってる間にテーブルの上をチェック。
紅ショウガと高菜とニラ唐辛子。ゴマ、コショウ、ニンニク、餃子のたれ等など。

こちらのラーメンは『博多の豚骨と関西ダシの融合』がキャッチフレーズ。
博多ラーメンには紅ショウガがつきもの。
以前、博多ラーメンの催事のお店で聞きましたが、大阪での博多ラーメンの紅ショウガ消費量は尋常じゃないらしいです。
本場博多の人より紅ショウガ使っちゃう大阪人って、すごいですよね。(笑)
私は大阪人ですが、あまり紅ショウガが得意ではないのです…



麺到着。
image
こちら『神虎』
豚の頭骨と魚介だしのスープ。

image
こちら『黒虎』
焦がしにんにく油(マー油)が効いてます。

『全部普通』で頼んだら、極細麺の方で来ました。
両方ともチャーシューが沈んでますが、ちゃんと1枚ずつ入ってます。
はじめ食べたとき「『神虎』が好みかも。」と思いましたが、食べ進めていくうちに「『黒虎』の方が美味しいかも。」となりました。
2つを一緒に食べていると、『神虎』のほうがあっさりしてるので、味が薄いように感じてくるんですよね。
『神虎』だけ食べていたら、たぶん薄いとは思わないと思います。

替え玉が50円なのでとてもお得です。

そして、こちらが『麺sセット』
image
『チャーシュー丼』と『餃子』
丼は夫の手で『高菜たっぷりチャーシュー丼』に姿を変えておりました。
しっかりチャーシューで美味美味。
高菜がほんとに合います。

そして『餃子』
こちらの餃子は塩と柚子胡椒で食べるのをお薦めされます。
なので、1つは塩、1つは柚子胡椒で食べてみました。
私は柚子胡椒が好みでした。
餃子なのに口の中がさっぱりします。
テーブルには一応餃子のたれもあります。

2人で全部食べると本当にお腹いっぱい。
スープを飲みたいなぁと思うものの、本当にお腹いっぱい。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。