けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

大阪ルクア『ザ・プラチナム』おしゃれ空間でバイキング

time 2016/05/05

大阪ルクア『ザ・プラチナム』おしゃれ空間でバイキング

ちょっと久しぶりにバイキングに行きたいねぇ。
という話になり、今回は夫のお気に入りのお店に久しぶりに行ってみました。

THE PRLATINUM
ザ・プラチナム

こちらのお店はJR大阪駅からすぐのショッピングビル『ルクア』の中にあります。
オシャレな若者ビルなので、私達夫婦が利用するのは基本最上階の映画館に行く時くらい。
そんな時に利用して、好き嫌いの多い夫が食べられるメニューが多かったので、バイキングの中でもお気に入りになったようです。

今の時期はヨーロピアンフェスティバルを開催。
image

料金

ディナータイムは120分制で2599円(税抜)
小学生1099円、小学生未満599円、2歳以下は無料。
梅田のバイキングとしては、割合見かける価格帯です。
image

待ち時間

ルクアのレストランと言えば『だるま』『神座』『ポンテベッキオ』『叙々苑』などの超有名&人気店が集まる場所で、どこもかしこも人だらけ。
特に『ザ・プラチナム』とお隣の『もくもく』はバイキングレストランの2強。
食事しようと思ったら、考えて時間調整をしておかないといけません。

以前、隣の『もくもく』を利用した際に尋ねたところ、映画を観る前に受付を済ませ、観終わったらお店に行くという待ち方がOKでした。
今回も少し早めに受付をしてもらえるか確認に。

『ザ・プラチナム』は機械による整理券配布式。
整理券の番号が呼ばれたら、そこから30分後に番号が自動キャンセルになるシステムだそうです。
普通はそうしないとお店も大変なことになりますよね。

とりあえず、ちょっと時間が早すぎるので、珍しくルクアの中を回って時間をつぶすことに。
ふらふらウィンドーショッピングしながら夫の夏用帽子をゲットし、食事したい1時間前くらいに再びお店に。
18時少し前の時点で待ち時間は30分。そこまで待ってない様子。
とはいえ、店員さんが番号を呼んでも呼んでも待っている人がいなくて、順番がどんどん進む。
結局15分ほどで店内に。

店内

暗めのムーディーな照明です。
image

席からはJR大阪駅が一望できます。
ひっきりなしに来る電車を眺めることも。
image image

アルコールは別料金という説明を受けて、食べ放題の時間開始。
さて、まずはドリンクを取りに行こう。

ドリンク

温かい飲み物は紅茶15種類とコーヒー。
カフェオレなどの機械がないので、コーヒー派の方にはマイナスポイントかな。
image

冷たいソフトドリンクは、コーラ・ファンタ(メロン)・ジンジャーエール・ウーロン茶・アイスコーヒー・オレンジ。
その隣にブルーベリーカシス・アセロラ・アップルが追加で置いてあります。
image

お料理はというと。

サラダ&前菜

沢山の種類の野菜を好みで取るか、出来上がりサラダを取るか。
私は断然、出来上がり派。
『エンドウ豆のババロアジュレ』と『キビナゴのマリネ』がお気に入り。
image image

ピザ&パン

シンプルなパンが並びます。
料理のお供に。クロワッサンはカリカリではなく柔らか系です。
ピザはマルガリータとジェノベーゼの2種類。
種類は変わらず。
image

パスタ

時間によって、種類が少しずつ変わります。
ワタリガニのスパゲティやレモンクリーム、アスパラ&鮭親子の他にニョッキも。
気に入った物は早めにゲット。
image

お寿司

人気コーナーで、入れ替わりがとても激しいです。
マグロ・サーモン・イカ・タコ・玉子・ホタテ・エビと種類も豊富です。
image

中華コーナー

高菜炒飯や麻婆豆腐。白身魚の黒酢ソースなどなど。
image

このあたりから好きなものを取って。
まずはいただきます。
image image
お皿の形がこれしかないので、ちょっとだけ取りたいなぁと思っても大きなお皿になってしまいます。
小皿はデザートコーナー。
お椀型のお皿は、カレーの辺りに置いてあります。
(カレーはお子様には少し辛いかもしれません。)

タイムサービス

タイムサービスが何回かあり、今回はローストビーフとカツオ料理に遭遇しました

少し並んでゲット。1人で人数分注文OKです。
うーん。ローストビーフは柔らかくない、しっかりローストでした。
カツオの方は、ピクルスっぽいソースが美味しい。
image image

おぼろ豆腐やうどんもあります。
ご飯の箸休め的役割。
image image

貝たっぷりのブイヤベースもいただきました。
こちらのコーナーに後々ビーフシチューが登場していたらしい。
夫は気付いていましたが、私は全く気付かず。無念。
image

夫は高菜炒飯をお椀盛りで持ってくる。しかもお替りもして合計2杯。
バイキングでは絶対に気に入ったご飯物を集中攻撃する夫。
お腹に溜まるし、もったいないことこの上なし。

デザートタイム

さてと、私はそろそろデザートへ。
こちらのワッフルはスタッフの方が焼くので、メーカーが生地でベロベロになることはありません。
ただ、アツアツでも無いので、ちょっと残念。
少し小ぶりなワッフルを取って、好きなソースをトッピング。
私はキウイのソースを見つけると、途端にテンションが上がります。
その店の評価が上がります。(笑)
image image

アイスはバニラ・オレンジシャーベット・抹茶の3種類。
ちょっと固すぎて、掬うのに苦労します。
image

チョコレートファウンテンもあります。
入口のショーケースにはデザートがたくさん。
image

切り出しバームクーヘン。
image

とりあえず、デザートを全制覇しよう。
一回試してみて、美味しいのをリピートするいつもの作戦。
image image image

しかし、やっぱり甘いものはドスンとお腹に来ますね。
まだまだ余裕と思っていたのに、デザートに入ると「もう無理。」
結局、プラスでクリームのケーキをひと匙お替りしただけで終了でした。
2時間あるとゆっくり食事とお茶を堪能できます。

ポンポンのお腹を抱えて帰路に。
前回来た時より、料理の種類が減ったような気がしましたが、こんなもんだったかなぁ。
とにかくお腹は満足満足。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。