けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

『もりのしいたけ農園』 お手軽家庭菜園キット

time 2016/02/27

『もりのしいたけ農園』 お手軽家庭菜園キット

家庭菜園したいなぁと思っても、場所も手間も大変。
私も一度トマトとナスを栽培したことがありますが、結局1回分しか収穫できませんでした。
なかなか実になるの難しいです。
なので、今後はネギの根っこを植えるくらいしかしないかな。
そう思っていた私の興味をくすぐる栽培キットの情報が入ってきました。



もりのしいたけ農園

image

栽培方法

1.シイタケ培地に水を給水、袋に入れる。
2.昼は暖かい場所・夜は気温の下がる場所で芽が出るのを待つ。
3・芽が出てきたら、暖かい場所に3~10日おくと収穫。
image
大体3クール分収穫できるそうです。
本当かなぁと半信半疑。


実際に甥っこと姪っこが栽培したものがこちら。
3日目。
すごくむくむく生えてきてます。
image

4日目。
笠の部分がしっかりするものも出てきたり。
image

6日目。
完全に売ってるシイタケと同じ感じです。
みっしり密集。
image

ハサミで収穫。んふんふ。
image

ごろごろ採れてます。
image
美味しく天ぷらで。
image
シイタケ狩りって行ってみたいなと思うんですけど、近くのとこ1人3000円くらいするんですよね。
シイタケバーベキューがつくにしても高いなぁと。
これなら自宅で全てが完結しますし、成長過程を子どもと楽しめます。
普段なかなかキノコの成長なんて目にすることありませんからね。
シイタケ嫌いな子どももこれを機に食べられるようになるかもしれません。

1クール40個くらい収穫できるとのこと。
2クール、3クールは収穫量は減るみたいですが、その分大きめの物を作るのも可能だとか。

シイタケは日光に当てて育てると旨みがアップするそうなので、そんな工夫もできますね。(日光を当てすぎると乾燥するので注意。)
夫もシイタケ大好きなので、私も購入して栽培してみようかなぁと考え中。
送料込みな値段なのが嬉しい。



ちなみにこちらのシリーズ。
他にも、えりんぎ・なめこ・ひらたけ・えのきだけ・ぶなしめじ・きくらげとラインナップ。
キクラゲとかすごいロマンを感じます。
収穫前はどんな感じで生えてるか見たことないですし。
自分で育てたと思うと美味しさもアップ。
image

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。