けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

コンフェクショナリーコトブキのミルフィーユ

time 2015/12/25

コンフェクショナリーコトブキのミルフィーユ

今年のクリスマスは平日だったこともあり、我が家は天皇誕生日のうちにクリスマス風ディナーを終了。
メニューは母からのおすそ分けパエリアとケンタッキー風フライドチキン(外食完コピレシピ本より)。

そして、ケーキは特製かえるチョコケーキ。
知り合いに教えて貰った炊飯器で作るチョコケーキを作り、チョコレートホイップでかえるの顔にデコレーション。
我が家のかえる達もサンタ帽でおめかし。
カエルケーキ
しかしながら、夫はかえるケーキでは納得いかなかったらしく…食後に「25日にケーキ買ってくる。」とひとこと。
ちぇっ。

というわけで、本日25日クリスマスは我が家のリベンジクリスマス。
仕事終りに夫が職場近くでケーキを買ってきてくれました。
お店の名前は「コンフェクショナリー コトブキ」。
夫いわく、最寄駅近くのケーキショップで一番空いてた店とのこと。
なんて失礼な話。

調べてみたら、神戸本社の洋菓子ショップのようだ。
けっこう手広くお店を開いている模様。



夫が選んだケーキは、ミルフィーユと見た目はレアチーズっぽいケーキ。
「わーい。私、レアチーズ好きだって言ってたもんね。ありがと~。」
口にいれると、あきらかに違う。レアチーズじゃない。
「これなんていうケーキ?」

尋ねても、夫は「忘れた。わからん。」の一言。
なんじゃそら。まあおいしいから良いけど。
表面は透明感のあるゼリー状。
その下のクリームとチョコスポンジの間に洋酒の利いたチョコレートの層が隠れている。
このチョコの部分がとっても美味。
しあわせ~。

そしてもうひとつのケーキはミルフィーユ。
これは見た目でミルフィーユとすぐ分かる。が、何かおかしい。
普通のミルフィーユは縦に層が重ねられているが、こちらコトブキのミルフィーユは横に層が並べられている。

なるほど、層と言うには少々少なくは感じるが、パイとクリームが何層かあれば、それは日本ではとりあえずミルフィーユだと思う。(ミルフィーユって「千枚の葉っぱ」って意味だから、ある程度は枚数必要なんだろうけどね。そこはおいといて。)

コトブキ_1
昔から「デートで注文してはいけない。」と言われているメニューのひとつミルフィーユ。
きれいに食べることが難しいケーキ。
そんなミルフィーユの層を縦横チェンジして食べやすくしようとするアイデア。
これはコトブキの親切心がうかがえる。

「世の女性たち、これでデートでもミルフィーユが食べられるよ。」なんて、頭の中で妄想しながら夫とケーキをつつき続ける。
ミルクティーを淹れてもらって、食後の優雅なティータイム。

結論、ミルフィーユは層が縦でも横でもきれいに食べることはできない。
コトブキのミルフィーユが横の層なのは、親切心とかそんなことは関係ないみたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。