けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

浅草 『駒形どぜう』 どじょうなべを堪能

time 2016/03/16

浅草 『駒形どぜう』 どじょうなべを堪能

今回も大阪を離れて観光気分。
場所は東京下町浅草へ。
image image
雷門、浅草寺などで有名なこちらですが、もちろんグルメにも名物がいっぱい。
そんな中の一軒をご紹介。
ちょっと躊躇する人もいるかもしれない、こちらのお店。
私の東京の友人も「まだ行ったことないんだよね。」と言っていました。

雷門から歩いて5分。

駒形どぜう

image
『どぜう』と書いて『どじょう』と読みます。
「どじょうが出てきて、こんにちわ」のどじょうです。
005712
どじょうは主に水田にいるので、どじょう=泥臭いと思っている方が大半のようです。
しかし、こちらのお店のどじょうは、まず生きたまま酒に漬けて酔わせます。
甘味噌仕立ての味噌汁で煮こんだあと、さらにタレで煮こむ。
そのため、臭みもなく骨も柔らかくなっています。

『ウナギ一匹、ドジョウ一匹』という言葉があり、どじょうは1匹でうなぎ1匹分に匹敵する高い栄養価があるとか。
どじょうとネギを組み合わせることで、カルシウムが変化し、体内の吸収をたすけるそうです。
江戸時代から続く料理法には、そんな利点もあったり。


そんな私も母と2人、初めて訪問した際には何にも分からず。
素直に店員のお姉さんにお勧めを尋ねました。

「どじょう鍋は1つで結構量があるので、まずは1つ頼んで追加は後から考えると良いと思います。」
「ごはんもおひつで出すのでお茶碗2杯とれます。あとゴボウを追加で頼むと美味しいですよ。」

とても親切なお姉さんでした。
全て云われるがまま注文。
そしてやってきたのが、こちら。
image

これが丸のままってやつです。
確かに結構量があります。
image

追加のゴボウと卓上にあらかじめセットされているネギを載せて。
image

こんな見た目になりました。
image

ちなみにこちらの席ですが、畳にテーブル代わりの板が走らせてあり
image
このように正座で食べるスタイルです。
image
入れ込み座敷というそうです。
江戸時代の作りそのままだとか。
正座に自信のない方は2・3階は掘りごたつ式、地下にはテーブル席があるそうです。
でもせっかくなら江戸の雰囲気楽しみたいですよね。

料理の話に戻りまして…
ゴボウが少ししんなりしてきたら食べごろ。

どじょうは全く泥臭さなし。
薬味は七味と山椒です。山椒大好き。
七味は江戸では『なないろ』と読むそう。

味がしっかりしているので、ご飯が進む進む。
もちろん、おひつご飯をお替り。

追加の出汁もあらかじめテーブルにセットされていますので、山盛りネギを最後まで堪能できます。
1人前で充分満腹。

どぜうなべ 1,750円
ささがきごぼう 450円
ご飯 300円×2

全部で2800円(プラス税かな?)
もちろん2人分の値段です。
老舗の店ですが、とっても良心価格。

東京在住の方でも行くのを渋っている方がいたら、是非ともお勧めしたいお店です。

冬限定で『なまずなべ』もやってますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。