けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

藤の名所 大阪福島『了徳院』『春日神社』

time 2016/04/22

藤の名所 大阪福島『了徳院』『春日神社』

桜の季節が過ぎて、季節は初夏に向けて動き出しました。
紹介するのは、大阪梅田から1駅隣の福島にある藤の名所です。
今回は大阪駅から歩いてみました。
JR桜橋口からハービスの横を通って福島方向へ。

image

福島聖天 了徳院

image

住宅街の中にある神社。
その中にこれでもかと色んな神様の社が詰まっています。
image

何気ない入口の山門には重要文化財の『子持ち竜』の彫刻。
image image
本堂には十一面観音大聖歓喜天を祀っています。
ご利益は、富与え・縁結び・子宝授け。
image

今回の目当ては『のだふじ』
今から約600年前(南北朝時代)からその美しさで知られ、江戸時代には「吉野の桜」「高雄の紅葉」とともに三大名所と言われていました。
image
最盛期には1mくらい藤の花が垂れるそう。
今年はちょっと寂しい雰囲気。
その年の天候によって、花の付き方にバラツキがあるらしいです。
image image

その代りといってはなんですが、その他の花は良い時期。
image
芭蕉の句碑の前にもツツジ。
句碑に読まれているのは、カキツバタですが。
image

とっても可愛い色の八重桜。
image

駒犬達も各社の前に鎮座しているので、とてもたくさんいます。
場所によって顔も体も違うので、見ていると面白いです。
どの子もすべて前掛けをつけています。
image image

おもかる石もあります。
「軽いと思ったら願いが叶い、重いと思ったら叶わない。」
残念ながら、私にはめちゃくちゃ重かったです。
image
所狭しと色んなものがぎゅーっと詰まっているのですが、カメラを向ける方向によって趣が異なる面白い境内です。
先客の方々も立派なカメラで撮影していました。
image image
どこにカメラを向けても絵になりますね。
image image

『のだふじ』の写真コンテストも開催しています。
了徳院だけでなく、この界隈には藤の咲いているところがあるそうなので、探して自慢の1枚を応募してみるのも良いかもしれません。

↓の写真は第2回のグランプリ写真です。
こうしてみると、最盛期はかなり藤の花が長く伸びることがわかりますね。
image

春日神社

了徳院から少し離れた場所にも『のだふじ』ポイントが。
残念ながらこちらの藤は、終わりに近い。
image image

表にある藤の鉢植えは最盛期ですが。
image

こちらで『のだふじマップ』を手に入れて、界隈を散策。
image

【ひばり保育園】
子ども達が遊んでいるお庭の藤棚は見事に咲き誇ってました。
image

【ユニライフ】
マンションの駐車場横の藤棚。
こちらもなかなかキレイに咲いています。
image image

【下福島公園】
藤棚の端に少し花が残っていました。
image image

【野田恵比寿神社】
とても立派な社。大きな敷地。
image image
残念ながら、藤棚には花は無し。
image

おまけのJR福島駅

image
JR環状線のホームは高架上にあるのですが、その真下の大きな道路にも踏切があります。
一体どんな電車が通るのかしらと思っていると、鳴り始める踏切警報機。
ちょっと待ってみようと電車を待っていると。
やってきました。この電車。
image
関空快速『はるか』でした。
滋賀の米原~京都~新大阪~関西空港を結ぶ電車です。
快速電車なのに、単線地上線路。
なかなか珍しい電車を見れたレア体験でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。