けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

『アクアパーク品川』都心の水族館でイルカショーを堪能しました

time 2016/07/08

『アクアパーク品川』都心の水族館でイルカショーを堪能しました

東京旅行をするにあたって「どこか水族館に1つ行こう。」と夫が提案したため、選ぶことに。
夫の要望は『イルカショーが見られるところ』
都心にたくさんある水族館の中から私が選んだのが、こちら。

アクアパーク品川

旧名称は『エプソン 品川アクアスタジアム』
『エプソン アクアパーク品川』として2015年7月にリニューアルオープン。 2016年4月1日、エプソンとのネーミング・ライツ契約期間が終了。
名称が『アクアパーク品川』に変更されました。

私が見た旅行雑誌には、どれもエプソンの名称で載っていたので、ネットで検索した際に名前が出てこなくて困惑しました。
こんな流れがあったんですね。

沢山ある水族館の中から、私が何故こちらの水族館を選んだのかというと、展示形式やショーが珍しく、関西の水族館にはあまり無さそうな雰囲気を楽しめそうだったからです。
雰囲気が多少近いのは『ニフレル』や『京都水族館』でしょうか。

アクセス

JR・京急品川駅から4分。
品川プリンスホテル内の施設です。
高輪口を出て、正面に見える『ウィング高輪』を通り抜けるとプリンスホテルの誘導看板が見えます。
image
品川プリンスホテルの中には、映画館やカラオケ・ボーリング場とレジャー施設が満載。
1日楽しめるので、デートにもぴったりですね。

営業時間

7月16日~18日・7月30日~8月31日 9時~22時
その他の日程 10時~22時

入場料金

おとな  2200円
小中学生 1200円
幼児(4歳以上)700円
※プリンスホテル宿泊者は値引きあり。

【アクアナイトチケット】
17時から入場 1800円

【年間パスポート】
おとな 4200円
小中学生 2300円
幼児(4歳以上)1300円
※2回行けば元がとれます。

パークエントランス

映画館の脇を抜けると水族館の入口に着きます。
ちなみに映画館とは中で繋がっているので、どちらの入口から入ってもOK。
ベビーカー置場も中にあります。
image
今の季節は『花火』をモチーフにした展示をしているようです。
image

チケットカウンターは、スタッフさんのいる窓口と券売機の2種類あります。
値引きなどを受ける方はスタッフさんのいる窓口へ。
image image
チケットを購入したら、いざ館内へ。
水族館は2階建で、まずは1階からスタート。
image

ポート・オブ・パイレーツ

館内入るとまず目に入るのが、趣のある海賊船。
奥に海賊のお兄さんもいます。
image
実はこれ動きます。
遊園地とかにある、振り子運動するアトラクションです。
結構ビュンビュンしてます。
水族館でアトラクション?と思いましたが、「乗りた~い!」という声が結構聞こえてきました。
1回500円で乗れますよ。
image

ドルフィンパーティー

もう1つ乗り物。
海の仲間のメリーゴーランドです。
お子様も乗れるので、結構な人数の方が乗ってました。
こちらも1回500円。
image

フォトスポット

色んな施設に必ずある、写真撮影して貰えるスポットです。
水族館のカメラでのみ撮影して貰え、ミニカードは無料で貰えます。
image
大きめの写真はデータ付きで1200円。
写真撮影の際に好きなぬいぐるみを選んで、一緒に撮影して貰えます。
イルカやアザラシはもちろん、エイもマンタもいます。
私はエイをチョイス。夫はアザラシ。
image

マジカルグラウンド

魚とタッチパネルを融合した展示ゾーンです。
たとえば…
image
擬態する魚の水槽のボタンを押すと。
枯れ葉の映像が映し出されて、魚がどんな風に擬態するか見ることができます。
image

他にも指をあてると魚が集まってきたり。
image

魚を拡大して360度くるくる回すことが出来たり。
じっくり学べるゾーンです。
image

同じゾーンにある展示エリア。
今の時期は花火のプロジェクションマッピングと金魚のコラボです。
image image
金魚がとっても可愛いです。
image image

コーラルカフェバー

オシャレなバー空間。
カップルにオススメなロマンチック空間。
image image
フローズン生やカクテル類、日本酒。
もちろんソフトドリンクも販売しています。
image

ジェリーフィッシュランブル

クラゲたちの展示場。
すごく幻想的な雰囲気です。
カップルたちにピッタリ。(2回目)
image
天井も鏡になっているので、四方八方クラゲだらけ。
image

たまにカラフルな照明にもなります。
色んな表情が楽しめますね。
image

それではエスカレーターに乗って2階へ。

ザ スタジアム

エスカレーターを出ると正面にあるのが、イルカショーを見ることができるスタジアムです。
こちらでは『ドルフィンショー』という名称です。
海外のお客さんも多いですもんね。
今回はデイバージョン『INASE』を紹介します。
image
まずはお姉さんが出てきて、座席の注意事項を説明してくれます。
image
というのも、こちらのショー。
前から5列目まで水がかぶる恐れのあるショーなのです。
5列目までのお客さんにはポンチョ(100円)を買って貰うか、後ろに移動して貰うかという感じです。

我らは6列目にスタンバイ。
4列目までは背もたれの無いシートなので、水をかぶりたい方は背もたれなしシートに座ると良いですよ。
image
さらにさらに水をかぶりたい方は、E~Hの席がオススメ。
特にFGの前列は相当かぶれます。
「いいですか~?始めから相当かぶりますよ~。本当ですよ~。」
「濡れたら困るものは、しまっておいてくださいね~。」
お姉さんの注意は続きます。

注意の後は、踊りのお稽古。
簡単なようで、案外難しい踊りの振りを教えてもらいショーのスタートを待つ。

風鈴の爽やかな音でショーの開始。
お姉さん、お兄さんが登場し、イルカもスタンバイ。
image
こちらのショーの最大の特徴は、水と音と光の競演。
爽やかに始まるのかと思いきや、なかなかにハードな曲に合わせてイルカ達が飛び跳ねます。
「だだだだだだだん!」
image
注意の通り、盛大に水が飛びます。
写真では伝えにくいですが、次々に飛び跳ねます。

イルカとのコンビネーション。
image image
イルカは全部で8匹。
カマイルカ・バンドウイルカ・オキゴンドウ(クジラの仲間)の3種類。
近くで見ると、かなりの高さを飛んでいるのが分かります。
image
2曲目で練習した踊りを一緒に踊って。
image
最後は8匹一緒にジャンプ。
image
かなり見ごたえのあるショーで、本当にあっという間に終わりました。
夫に「次の回も見る!!」と宣言し、1回目とは反対側の席で見学。
どこから見ても楽しめます。


ちなみにナイトバージョンは『星花火』
ウォーターカーテンに360度投射という楽しそうな内容。
夜は光の本領発揮でしょうか。
アクアパーク品川は『フーディングタイム』という餌やりタイムが夕方に固まっているため、夕方に訪ねるのがオススメかもしれませんね。

ただ、都合でお昼にしか行けなかった私は十分満足できました。
2200円の価値はありますよ。

実はお昼にもやっているその他のパフォーマンスがあるのです。

フレンドリースクエア

屋外にあるステージで、ミニパフォーマンスがあります。
座って見たい方はステージ前の芝生エリアへ。
image
【オットセイ】
お子様や大人と輪投げにチャレンジ。
image image

【アシカ】
大人のお客さんとバランスやクイズ対決。
参加したお客さんは最後に握手ができます。
image image

【ペンギン】
オープンカーで登場のケープペンギン。
平均台やシーソー、ハードルがあるコースで障害物レースを繰り広げます。
image image
どの子も芸達者で可愛い。

ワイルドストリート

アシカやペンギンは、奥内の水槽でも見ることができますよ。
他にもコツメカワウソやアザラシがいます。
image image
ペンギンのヒナは隔離スペースにいます。
image

ワンダーチューブ

エイやサメを頭上に。
image

リトルパラダイス

今回の企画展示は『毒展』
毒のある魚たちが展示されています。
image image

アクアジャングル

爬虫類ゾーンもありますよ。
image image
奥にはカピバラも。
image

ライフミュージアム

透明標本も展示されています。
一部お土産物屋さんでも販売されています。
image image

アクアショップ ルーチェ

お土産物屋さんを抜けると出口です。
店内にも水槽があり、小さなお魚たちが泳いでいます。
ぬいぐるみはもちろん、お菓子や雑貨類も豊富。
image
オススメはクラゲのイラストが入った『どら焼き』
ノコギリエイの『手焼きせんべい』
どちらもアクアパーク限定商品です。
image image

堪能したところで、出口へ。
再入場を希望する方は、各自でスタンプを押します。
image

じっくり見ると、あっという間に時間がたってしまいます。
余裕を持った時間配分でお越しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。