けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

今更の『ヘタリア』と思ったら、まだ連載中でした。

time 2016/04/09

今更の『ヘタリア』と思ったら、まだ連載中でした。

ヘタリア

2006年にWEBで公開され、その後書籍化され大ヒットした漫画『Axis Powers ヘタリア』
作者は性別論争まであった日丸屋秀和さん。
(いまだに性別は明記されていません。)

10年も前の話ですか。
当時これも本屋さんの平積みでは良く見かけました。

私がこの作品に出会ったのは、つい最近。
間違ってamazonプライム会員になってしまった私は、年会費の元をとるためにプライムビデオを見まくっています。
その中のひとつに『ヘタリア』のアニメがあったわけです。
「まる書いて地球♪まる書いて地球♪」のテーマソングに心を射抜かれた私、シーズン1いっき見。

そして今回、図書館で原作の漫画を発見したので借りてきました。

地元の図書館はセルフ方式の貸出なので「あの人大人なのに漫画ばっかり借りてるわ。(笑)」という図書館員さんの視線を気にせず借りることが出来るのです。
なんて親切なシステム。(自意識過剰な人にとって。)

設定

ヘタリアは世界史をモチーフに国を擬人化したコメディ漫画です。
初めの方は第2次世界大戦中の話なので…
枢軸国(イタリア・ドイツ・日本)
image

連合国(アメリカ・イギリス・中国・フランス・ロシア)
image
二つのグループで話が進みます。
戦時中の逸話などが紹介されているため、「へぇ~そうなんだ。」と後から詳しく調べたくなる内容です。

その後、戦時中の話を離れ、中世だったり現代だったり色んな時代の色んな国が入り乱れる漫画になっていきます。
私は高校時代は日本史選択だったので、ヨーロッパの歴史については分からないながらも「なるほど~。」ととても面白く読んでいます。

ちょっと話が唐突な所があるので、「この国どこ?」となりますが、大体最後に解説があるのでわかります。

主要国紹介

この漫画は各国のイメージを極端に書いているので、不快に思う方もいるかもしれませんが、海外の反応を見るとほぼ好意的に受け入れられているようです。
男性キャラクターばかりなので、腐女子の漫画と思われていたりもしますが、私の読んだ限りではそんなことないと思います。
女性キャラクターも途中から増えてきますので。

『イタリア(北)』
image
戦いの気配がしたらまず白旗の準備。
パスタとピッツァとシエスタが大好き。
本気を出すのは女の子の前だけ。

『ドイツ』
image
なんだかんだでイタリアの面倒を見ることになる苦労の人。
生真面目で規則に弱い。
ビールとヴルスト(ソーセージ)を愛する。

『日本』
image
物静かで空気を読み、遠慮する青年。
童顔だが、自称『おじいちゃん』
「この話は持ち帰らせていただきます。」「善処します。」が初期の口癖とされる。
塩辛いものが好き。

『アメリカ』
image
ヒーロー思考でリーダーやりたがり。
趣味は早撃ちと考古学。
コーラやシェイクとファーストフード大好き。
とにかくNo.1が好き。

『イギリス』
image
皮肉屋なのにロマンチスト。
太い眉は紳士的な何か。
妖精やユニコーンと友達。
驚異的な味音痴。料理の修業を始める。

『中国』
image
負けず嫌いで兄貴風を吹かす自由人。
大体パンダ背負ってる。
若づくり(仙人らしい)と料理が得意。
ほとんどなんでも食べる。

『フランス』
image
綺麗なものが好きな気どり屋のお兄さん。
趣味はストライキと芸術とパリを離れること。
派手に見えて微妙なところで地味。

『ロシア』
image
おっとり見えて威圧感ただよう青年。
ウォッカと冬将軍が相棒。
寂しがり屋。


巻数が増えるごとに他にもたくさんの国が登場します。
その国の気質・料理や風土・ことわざ等を知れて、なかなか勉強になりますよ。

連載

まさかの連載は続いていました。
『ヘタリア World☆Stars』
WEB(ジャンプ+)で毎週月・金更新で4コマ漫画が公開されています。
登録なしで読めます。驚いた。

グッズ紹介

色々と調べていたら、今年発売のグッズが目につきました。
今年、何かあるんですかね?あっ、10周年ってことなのかしら?

と思ったら、『ヘタリア The World Twinkle』という新シリーズが始動していた訳でした。
2015年末にはミュージカルにもなっていました。何でもありだなぁ。

今まで色々な作品のラバーストラップが販売されていますが、ヘタリアも登場。可愛いなぁ。
髪の毛のくるんが、すごいことなってる人がいますが。


なんだかリアル風味の人形も発売されますよ。
髪の毛がちゃんとくるんとなっています。
白旗もついてます。
日本とイギリスバージョンもあります。


他にもこまごましたグッズが今年の春に販売されます。
今年は大注目ですね。

漫画を読んでシーズン2のアニメを見ようと思ったら、プライムビデオからヘタリアが消えていました。まさか…。
amazonでDVD売らないといけないからですか?
早めに見ておけば良かった。がっかり。
各国のイメージソングも可愛くて耳に残るので、1度聞いてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。