けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

主婦が初めての確定申告に行ったら2万円戻ってきた

time 2016/02/17

主婦が初めての確定申告に行ったら2万円戻ってきた

確定申告

今回が初めての確定申告となる私。
パソコンでも申告できるとの情報を入手し、調べてみたのですが何かややこしそう。
しかも『初めての方にはオススメしません。』って書いてある。
イベントごとの好きな私、これを機に一度税務署へ行ってみようと決めたわけです。

結婚前は母の送迎役として税務署に行っていたのですが、書類の処理は一切関わっていなかったので前日からかなりドキドキ。
ネットとにらめっこして持ち物に不備がないかチェック。

237571
昨年から夫の扶養内で働いている主婦の私。
今回は所得税の還付申告のみなので、持ち物は…
源泉徴収票・還付金振り込み用の通帳・印鑑(念のため)

夫の分は会社で申告しそびれた生命保険料(私の分)の控除&国民健康保険の控除なので…
源泉徴収票・それぞれの支払証明書・通帳

それぞれ用意し、いざ税務署。

申告受付初日は混むという情報を入手したため、2日目に行くことにしました。
税務署の混雑情報によると2週目の方が若干空いているそうです。
が、早めに行かないといつまでも落ち着かないので1週目に来訪。
ちなみに、1番混むのはもちろん最終週です。



税務署が開くのは8時半なので、夫の出勤に合わせて私も一緒に出発すると昨日のうちに報告。
いつもどおりに起き、お弁当を作り終えた私に夫がひと言。
「俺が出る時間に絶対に間に合わんよ。まさかスッピンでいくつもり?」
「化粧は5分でできるのよん。」と怒涛の追い上げ。
ごみ出しも済ませ、夫と出発。




到着

「こんなに早く出たんだから、待ち時間もなく終わるんじゃない?私ったらしっかり者。」
と調子にのっていた私は、税務署の最寄駅についた辺りから若干胸騒ぎ。
皆同じ方向に向かっているようだ。
間違いない、皆同じ建物に吸い込まれていく。

会場に着いたのは8時45分ごろ。
その時点で整理券番号80番台。
遅かったか…。
受付開始は9時からなので、おとなしく待つ。
9時には整理券番号は160番台に。

準備エリア

途中アナウンスがあった通り、大体1時間で第1受付へ。
第1受付では準備していた書類を職員さんにチェックしてもらいます。
5485fbc8422ae3b01d01d4dc5a323832_s
↑の紙に書類をホチキス止めしてもらい、必要個所に記入もしてもらえます。
私は何1つ記入していません。
「パソコンいつも触られてるようならセルフパソコンがありますから、そちらをどうぞ。」とのことで、次の受付へ。

パソコン入力

皆が座って待っていたので私も続くと親切な隣の人が「番号札取った?」と尋ねてくださり、慌てて番号札を貰いに。
パソコン入力をするエリアですが、3分の2は職員さんと1対1の『一般』
3分の1は申告者10人に対して職員さん3人くらいの『セルフ』とに分かれています。
案内の方の説明だと「住所などを自分でパソコン入力できる方なら、『セルフ』のほうで大丈夫です。」とのこと。
勇気を出してセルフ希望。
『セルフ』だと20人くらい早く案内してもらえました。

04a28a10650f889cbf96863ebe0bca5d_s
いざパソコンの前へ。
まずは『利用者識別番号』の登録からです。
住所や生年月日などなどを登録。
これを済ませておけば、来年から自宅で申告できるようになります。

と、ここで初めのつまづき…
入力がカナになっていてローマ字入力にならない。
アルファベットかカナ入力しか出来ないため、1度目のヘルプ。
職員さんがサササとローマ字入力に変えていってくれました。
お恥ずかしい。

気を取りなおして入力入力。
あっという間に番号登録は済み、申告ページへ。
画面に従って入力を進める。
給与額と源泉徴収額を入力するだけなのですぐに終わり、次へボタンでどんどん進める。

1件目終了。さてと2件目。
と思って顔をあげると目の前の張り紙に『確認画面になったら職員の確認を受けてください。』って書いてある。
ありゃま。自分で確認して終了しちゃったよ。
その旨、職員さんに伝えるとすでに印刷済みの控えを用意して下さり、それで確認をしてくださいました。
「確認なしで最後まで出来たんですね。すごいですね。」と言われ、低い鼻高々。
お忙しいところ余計な手間掛けたのに気分よくフォローして下さる職員さんに脱帽。

080303
2件目の夫の分は、すでに会社で年末調整済みのものに追加控除の申告をするもの。
これはさすがにややこしかったので、何度かヘルプ。
ヘルプの場合は職員さんを待つ時間が少し発生するので、同じくヘルプを待っていた同年代のお隣さんと仲良くなりました。
お隣さんは3件分申告があるそうで。
「ややこしくて大変ですよねぇ。」
「長いことかけて1件終わらせたと思ったら、申告が必要ないやつでがっかり。」
「わぁ、それへこむ。」
まさか税務署で楽しく会話できるとは思いませんでした。

ヘルプを何回か呼んだ後、今度はきっちり確認画面でチェックをしてもらい2件目も終了。
お隣さんにご挨拶して、お先に失礼。

提出&印刷

提出書類と引き換えに今回の申告確認票の本人分と初めに登録した利用者識別番号の紙をもらえます。
これで来年から自宅で申告できるぞ~。
今回の確定申告の結果2万円が戻ってくることになりました。
へそくりへそくり。( ̄▽ ̄)

全て終わったのが11時ぴったり。
およそ2時間と少しかかりました。

終わってみたら印鑑もいらず簡単に終わりました。
待ち時間だけが掛かった印象です。
職員さんも親切丁寧で、会場もピリピリ感まったくなし。
楽しいイベントでした。(笑)




スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。