けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

神戸中華街南京町の小小心縁に美味チャーハンを求めて

time 2016/01/03

神戸中華街南京町の小小心縁に美味チャーハンを求めて

私の夫は出かけると「チャーハン食べたい」病を度々発症します。
妻の作る残りごはんチャーハンはいつもベチャベチャしているので全然満足出来ないのでしょう。

少し前に南京町(神戸元町中華街)へ行った時にも美味しいチャーハン屋さんを見つけたので紹介します。
(このままじゃチャーハンブログになるんじゃなかろうか…)

南京町には結婚前から友人たちとよく遊びに来てました。
が、いつもランチの時間帯に食べ歩きして次の目的地へパターンが多く、あんまりお店の中に入ってゆっくり食べた記憶が無い…。

なので「南京町任せとけ。」とか言ってたのに、「チャーハン美味しいとこ。」しかもディナーと言われて全くお手上げ。
というわけで、困ったときのグルグルさん。
知恵袋のページがヒットし、美味しいチャーハンを出してくれる穴場の中華料理屋発見。
さっそく向かうことに。

小小心縁 
シャオシャオシンエン

お店は南京町の大通を大丸側から入って一つ目の曲がり角を左に入ったところです。
長年南京町に通ってますが、この角は曲がったことありませんでした。
曲がってもお店はすぐは目につきません。
近くまで来るとメニューを書いた黒板が目に入り、やっとそこだと分かりました。

夕方18時ごろ入店。
私たちにとっては早めの夕食でしたが、店内は半分くらい埋まってました。
奥の円卓が3つ並ぶ部屋に通され、混んできたら相席ですと言われ着席。
お店の照明は暗めで雰囲気ある感じです。
大人数で楽しそうに宴会しているグループも遠目に見えました。

注文したのは(税込)
『五目炒飯』864円
『海老湯麺』1080円
『小龍包』518円
『海老蒸餃子』518円
の4品。

こちらの名物は『福建炒飯』(1188円)らしいです。
知恵袋の人もそう書いてました。
簡単に言うと『福建炒飯』は、あんかけ炒飯ですね。
ただ、夫はオーソドックスな炒飯が好きなので、私が福建炒飯勧めても「五目炒飯で。」と譲らないのでした。(笑)

まずは『五目炒飯』の到着。

image
いたって普通の見た目です。
が、ひとくち食べて「おいし~」と夫婦で言っちゃいました。
しっかり味を感じられます。
結構オイリーな感じなのにベタベタはしてなくて、すっす食べれちゃいます。



続いて『海老湯麺』

image
写真で見るだけで海老がぷりっぷりなのが分かると思います。
この麺も美味しかった~。
中細麺と言えば良いのかな?
細すぎない麺が丁度よかったです。
あっさりしてますが、炒飯に負けないお味。

満足満足していると『小龍包』と『海老蒸餃子』到着。

image
前の2つが想像以上に美味しかったので必要以上に期待してしまいましたが、点心は至って普通のお味でした。
出てくる順番が違ったら、また違う感想だったかもしれないです。
そのくらい、炒飯が衝撃でした。

結局、食事が終わるまで相席にならず、席も広々使えました。

帰りは南京町恒例『ピータン』を購入して帰路についたのでした。

また行きたいお店です。



チャーハン関連記事はこちら
西宮ガーデンズ ドラゴンレッドリバー
エキスポシティ チャーハンスタジアム追立

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。