けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

焼きスパ『ローマ軒』梅田阪急三番街 店舗によって雰囲気の異なるお店

time 2016/09/14

焼きスパ『ローマ軒』梅田阪急三番街 店舗によって雰囲気の異なるお店

ローマ軒 阪急三番街店

久しぶりに仕事終わりからの梅田で晩ごはん。
夫と合流して、阪急三番街へ。

「何が食べたい?」
「何でも良いよ。」
このやりとりをして、地下のグルメフロアをぐるぐる回る。

そして、夫がふと足を止めたお店が『ローマ軒』でした。
店頭には大きなパスタのサンプルが置いてあります。
image
結構いつも待ち客を見かける人気店。
が、何を隠そう私は焼きそばや焼きうどんといった類が苦手。

なので「普通のパスタでなく、何故焼かないといけないんだ。」とお店から徐々に距離をとリ始める私。
それに気付かず「ここにしようかな。」と言う夫。
「今度1人で梅田ご飯する時に食べてくれる?」と容赦ない私。
「じゃあ他の店で良いよ。」と夫も譲歩してくれたのですが、他に特に食べたいと思うものもなく。
何事も経験ということで入店することに。

image
店内はカウンター席と2人掛けテーブルが8席ほど。
そんなに広くありません。
テーブル席の間隔も狭めです。

メニューの種類はかなり豊富。
グランドメニューは14種。
定番の『ナポリタン』や『ボロネーゼ』『明太マヨ』なんかがあります。
image

さらに期間限定メニューが加わります。
今はガーリックとベーコンの『ガリべー』
カレーを使ったメニューなどがあります。
image

とはいえ、待ってる間に外で見た『ビーフバター焼き』に初志貫徹。
image

夫はあれこれ悩んでいましたが、焼きカルボの大盛りを注文。
こちらのお店の特徴は、ボリュームの多さ。
他の店舗では、パスタ1人前は100~150gほどと思うのですが、こちらのパスタは並サイズでも400g。
大盛り600g、べらぼう850g。
私、通常でも食べられるのかなと心配に。
でも店内には女性のお客さんも多いし、たぶん食べられるよね。

そして待つことしばらく。
『焼きカルボ 大盛り』740円(税込)
image
パスタの太さは2.2mmの極太麺で食べ応えあり。
カルボは意外とあっさりした味付け。
量が多くても案外ペロリと食べられそう。


『ビーフバター焼き 並盛 』800円(税込)
image
「どうして焼きが嫌なのに鉄板の頼んだの?」と夫にツッコまれる。
そこまで考えに至りませんでした。
注文した時に、私だけ紙ナフキンを渡された時点で気付くべきでした。
かなり油がはねます。
お肉の味は、バターよりポン酢のような甘酸っぱさが強いです。
柔らかいお肉がガッツリ載ってます。

やっぱり鉄板に載っているので、下の方は麺がパリパリしてきます。
気になる人は混ぜ続けるしかない。

両方とも思ったほど量の心配はありませんでした。
案外ペロリ。
滞在中には『べらぼう』の注文が2件入っていました。
食べられるもんなんだなぁ。


ローマ軒は、本社が大阪天神橋にある株式会社 Belettの経営。
カウンター6席から始まったお店だそうです。
天満発祥と銘打たれた和風醤油味の『ジャポネーゼ』がこちらの看板メニュー。

梅田だけでも、ホワイティや駅前第1&第3ビル、ドーチカと5店舗存在。
ホワイティはディナーにワイン飲み放題が30分500円で楽しめます。

第1ビルはグラスワインでしっとりと。

第3ビル&ドーチカは、立ち飲み黒ラベル。
500円で飲み放題。

このように、同じローマ軒でも店舗によって雰囲気がかなり異なります。
さらになんばウォークは肉バル、
ユニバーサルウォークはピザとプラスされる料理まで変わってきます。
同じ名前のお店だからと入店すると「あれっ?」となるかもしれませんね。
お気をつけて。

純粋に焼きパスタのみをぱぱっと食べて帰りたいという方には、阪急三番街のお店が比較的待ち時間も少ないかもしれません。
とはいえ、平日ランチはお昼休みの方々で行列必至の模様です。
時間に余裕を持ってお越しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。