けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

USJ『ウォーターリボーンパーティー』ずぶ濡れサマー満喫!

time 2016/07/12

USJ『ウォーターリボーンパーティー』ずぶ濡れサマー満喫!

15周年イベント『リボーンパーティー』が7月からパワーアップ。
水を大量に使用する『ウォーターリボーンパーティー』になりました。

通常のリボーンパーティーは1日1回公演。
ウォーターバージョンは基本的に土日は1日3回、平日は1日2回のようです。
1回こっきりではないので、体験しやすいかもしれませんね。
開始時刻は日によって異なるので、パーク入口のイベントスケジュール、もしくはHPで確認ください。

ウォーターリボーンパーティー

というわけで、私達も体験してまいりました。
初めにお伝えしておくと、今回のパーティーを見ようと思ったら、水に濡れるのを覚悟しておかないといけません。
どこにいても少なからず水をかぶります。
スタッフの方いわく「水に濡れたくなかったら、ショーは見ない方が良いです。」とのこと。
逃げ場はありません。

ウォーターシューター

パーティーを楽しむのに必須のアイテム、ウォーターシューター。
パーク内で使用できるのは、USJで購入できる商品のみです。
今年のものでなくても、パーク内で購入したものであればOK。

今年のウォーターシューターは、2種類。
いずれも2500円。
タンクがミニオン型のお子様用は背負えるタイプ。
image
大人用のシューターには予備タンクがついています。
予備は首から提げられるストラップ付き。
image
両方ともパークに入った時から、いたるところのお土産物屋さんで売っているので、探し回ることはないと思います。
もちろんパーティー会場に一番近いターミネーター・スパイダーマン両土産物ショップにも置いてあります。

特にターミネーターの土産物ショップはミニオンまみれで、ターミネーターグッズはかなり追いやられてしまっています。可哀そうに。

グラマシーパーク

パーティの開催場所は、グラマシーパーク。大きな地球が目印です。
地球前の芝生前列はキッズスペースのため、お子様と同伴者しか入ることはできません。
大人だけのグループは後列へどうぞ。
※芝生の上は尋常じゃなく濡れるので、荷物や着替えが濡れないようにロッカーに預けるかゴミ袋に入れて口を閉めておくか準備が必要です。

我ら大の大人は道を挟んでさらに後ろにスタンバイ。
正面に地球が見えるターミネーターの建物前。
image
30分前でも、ところどころ1列目が空いていました。
私達は敢えての2列目スタンバイ。
1日に数回あるので1回のお客さんが少なくなっているのと、大人の方はかなり後ろに避難しているため比較的空いてます。

準備

30分前くらいから、スタッフの方が準備を始めます。
ごろごろと色んなものが運ばれています。
毎回準備するのは大変ですね。
あまり水に濡れないように物体と物体の中間に少し逃れる。
image image
他のお客さんが「エルモを見たいんだけど。」とスタッフに尋ねているのに聞き耳。
「バケツの塔の上にキャラクターの絵が書いてあるの見えますか?あのキャラクターが来ます。」
なるほどなるほど。
この塔の上についてるキャラクター。あっ、エルモだ。
image
「携帯電話やカメラなど、水に濡れたら困るものはカバンの中に入れてください。」
繰り返しアナウンスがあります。
携帯には防水ケースもあった方が安心ですね。

パーティスタート

まずは地球の前にミニオン達が登場します。
image image
それに加えてそれぞれの場所にキャラクター達登場。
塔のマークの通り、セサミストリートの仲間達がやってきました。
しかもエルモだ。
image
私はどちらかというとクッキーモンスター派。
あっちで踊っている。後ろ姿も可愛い。
image
初めのうちは、キャラクターとお兄さんお姉さんが躍っているだけなので、今のうちが撮影タイム。
image
心配しなくてもクッキーモンスターもこっちに来てくれました。
いちいち可愛いやないか。
image image

右側を見るとウッディーがいる。
image
ある程度踊り終わると、キャラクター達がお客さんをバケツの塔に集め始めます。
ずぶぬれになりたい方は、ついて行きましょう。
image image

お子様を迎えに来たクッキーモンスター。
image

バートもいます。
image

ご想像の通り、バケツを倒して水ばっしゃ~んです。
IMG_0290

ウォーターシュータータイム

そして、いよいよシューターで撃ち合いタイムです。
キャラクター達は、水を防ぐための傘をスタンバイ。
傘を差してよいのはキャラクターだけです。
安全のため、お客さんは傘禁止です。
image
この時にアニーもこっちに来てくれました。
さぁ、傘の準備OK。
image
撃ち合いスタート!
image image
ウォーターシューターは大したことないんです。
何が大変って、この中央に置いてあるバケツで水撒きまくるのがすごいんです。
image
シューターで頑張るとその分、途中からはバケツで反撃されます。
image
ちょっと心なし後ろに逃げると、今度は後ろからも水攻撃。
なんと後ろの壁からも水が降ってきます。
これが、水に濡れないところは無いと言われる所以です。
image
後ろで傍観者を決め込んでいた大人たちも大騒ぎです。
前は前で、地球が開いて大きなシューターが顔を出しています。
スタッフ達が準備していたごろごろも水を吹き出しますし、落ち着いて撮影している場合じゃありません。
image
「終了~!」の声で、ウォーターシューターの使用は終了。
ここから後は、お客さんのシューター使用は禁止です。

写真撮影タイム

好きなキャラクターと写真を撮ることができます。
それぞれの場所で主要キャラクターがお立ち台に上るので、近くに行きましょう。
周りをダンサーのお兄さんお姉さんが囲んでくれるので、とっても豪華な写真を撮ることができますよ。
遠慮していると、どんどん人が集まってきてしまうので、撮ると決めたら早めにキャラクター前に行くのがポイント。

【エルモ】
image

【スヌーピー】
image

【ウッディー】
image

【キティちゃん&ダニエル】
image image
【ミニオン】
ミニオンの場所は写真撮影タイムになってもシューターが動いています。
直撃しないように注意。
image

終了

私はウォーターシュータータイムが始まると携帯をしまって、回りをきょろきょろしていたので、水の攻撃をかなり避けることができました。
それでも、相当濡れました。

私のカメラの防水があやしいので、変わりに写真撮影してくれていた夫。
1列目のお客さんとダンサーのお兄さんの交戦に巻き込まれ、まともに水を被ってました。タオル持ってきて良かった。
image
という訳で、後ろで見る場合でもタオルは必須です。
パーク内でも色んなキャラクターのタオルが売っているので、ゲットしておいてもよいかもしれません。
楽しい夏を満喫してください。


リボーンパレードについては、こちらの記事をご覧ください。
imageUSJ15周年『リボーン』パーティ&パレード感想
ユニバーサルスタジオジャパン15周年 屋外ショーをみるためには、良天候が必須条件。 1週間前の予報は雨だったのですが、前日の予報...

ドラゴンボールZ ザ・リアル4Dについては、こちらの記事をご覧ください。
USJドラゴンボールUSJ『ドラゴンボールZ ザ・リアル4D』感想・グッズ・待ち時間など
2016年夏。 USJでは『ユニバーサル・ジャンプ・サマー』が開催中。 今回はその中でも『ドラゴンボールZ』のアトラクション&グッズ&...

ワンピースウォーターバトルについては、こちらの記事をご覧ください。
imageUSJ『ワンピース・ウォーターバトル』あの人気キャラに会えた感想
2016年夏。 ジャンプサマーフェスタが開催され、あのワンピースのショーが戻ってきました。 ウォーターワールドで一日一回夜に行われ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。