けろけろ主婦ブログ

カエル好きな主婦がおすすめな飲食店やおすすめな観光スポットについて書いていきます。

USJ『エクソシスト』整理券情報と怖がり主婦の感想

time 2016/09/19

USJ『エクソシスト』整理券情報と怖がり主婦の感想

2016年USJハロウィンアトラクションの1つ。
ほとんどのアトラクションと同じく小学生以下は参加できません。
ホラー度は4。

今回はホラーが苦手な人に向けてのレポートですので、ネタバレが詳細すぎる可能性があります。
ご注意を。

エクソシスト~悪魔祓いの館~

整理券がないと入れません

エルム街の整理券をゲットした後にこちらの整理券もゲット。
配布場所は2つとも同じ『ステージ14』です。
開園から30分後くらいの配布で17時15分から体験分を配布していました。
image

私達は先にエルム街を体験してからエクソシストに来ました。
時間になったら、再びスパイダーマンの並びにある『Palace』と書かれた建物へ。
image

17時でも9月はまだまだ明るいので、入るまでは怖さも全くなし。
中に一歩入ると館内撮影NGです。
image

エクソシストのあらすじ

悪魔に取り憑かれた少女リーガンに悪魔祓い(エクソシスト)の神父が立ち向かう。
無事少女を助けることはできるのか?

簡単に言うとこれだけ。
悪魔に取り付かれたシーンが有名ですが、リーガンのお母さんは女優だったり、その恋人は映画監督だったり、結構日常パートも作りこまれた作品のようです。
image

待機列

エクソシストとエルム街は同じ建物内の左右に分かれているので、待機列では2つの映画の名場面集が流れています。
アトラクションに出てくる場面の映画版を切り取っているので、映画を見ていない人にも予習としてばっちり。

奥に進むとコンクリート階段に移ります。
真ん中が鎖で仕切られていて、右がエルム街、左がエクソシスト列です。
エルム街と同じく荷物は持ったままでOK。
壁にエクソシストのあらすじを書いたポスターが貼ってあります。

実は時間まで暇をつぶしていた場所がアトラクション出口だったため、水に濡れるらしいというネタバレは既に貰っていました。

さらにさらに先のエルム街でかなり取り乱してしまった私、完全にネタバレを読んでからの参加を決める。
「そんなん面白くないやん。」と夫からのツッコミを受けつつ。
私にとっては、その方が安心して楽しめるんだと敢行。
しかし、ネタバレには左右どちらにポジショニングすれば良いのかまで書いていなくて、私動揺。

エルム街は右後ろで怖かった。
同じとは思えないから、右側にポジショニングしておこう。
今回のグループは男子大学生5人プラス我ら夫婦の計7人。
男性の中に紅一点で早々と安心する私。
エルム街は入口ギリギリでロープを渡されますが、こちらは結構早くからロープでグループ分けされて待機列を進みます。
男子学生、結構ぐいぐい引っ張ってくので、中で置いて行かれるんじゃないかとちょっと不安に。
もちろん最後尾は夫に任せて、今回のポジショニングはこちら。
image

入館

「今から皆さんには悪魔に取り憑かれた館に入って貰います。うんだらかんだら。」
手にストップウォッチを持ったスタッフさんが入口を開けてくれます。

一歩入った感じは、隣のエルム街とほぼ変わりません。
通路は狭め。明るさはあるので、歩くのに苦労はなし。
ごあいさつに本棚が音を立てて一段崩れる。

テーブルの上のサルがシンバルを叩き、窓には白い悪魔の顔。
この顔の悪魔。この後何度も壁からコンニチワします。
主に左側真ん中を攻撃してきます。私の左前の男子集中攻撃でした。
一回目のコンニチワで、驚いた私は屈み、驚いた男子が伸びあがり、肩とアゴがごっつんこ。
私の口の中に血の味が広がる。
唇切れました。エルム街に引き続き負傷。

4cfdc08625f33672589e65485b469135_s
初めに遭遇するリーガンはまだ正常で、勝手に動くベッドの上から助けを求めてきます。
「ごめんね~なんもしてあげられないわ。」
横をスルー。
それぞれの部屋は細長いのれん状の布で仕切られています。
その感触も恐怖心を煽ります。

その後は悪魔のコンニチワが何度か続き、私の前の男子集中攻撃。
「何で俺ばっかり~?」と嘆いていました。
その場所じゃなくて良かったよ。ありがとうありがとう。
単なる白い煙攻撃も左からあります。

このあたりから、前のグループがつまりだしたようで、待機時間がちょっと発生。
女性だけのグループなら、本当に怖いだろうし、なかなか進めないだろうなぁと同情。
後ろのグループにもたまにコンニチワ。

待ってる間の壁の絵を見て「これ同じ絵がエルム街の方にもあったなぁ。」と夫。
どんだけ余裕なんですか。
なんで壁の絵まで覚えてるんですか。

9e9d0f02154b87a6de9273b2e158de5a_s
前のグループが進むのをしっかり待ってからスタート。
進むと階段が左側に。
人形が下りてくるっていうか、滑り落ちてきます。
良く見るブリッジ状態リーガンです。
人形感がたっぷりなので全く怖くないと思ったら、先の扉から生身リーガン登場。おっと。

さらに進むと右のベッドに後ろ向きに座っているリーガン登場。
あれだな。首180度ぐるりん!!
ここも人形感たっぷりなので怖くありません。

さらに進むと正面に人影が。
「何か、いてる。」
もはや疑心暗鬼の男子。
迎えてくれたのは神父さんでした。
「この先にいるリーガンに聖水をかけて、悪魔を追い払って下さい。お願いします。」と強引に聖水を渡してきます。
ネタバレを読んでいた私、キタキタ~!!
3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s
防御の準備。レースのカーテンで仕切られた左のベッドに寝ているリーガン。
聖水を掛けると口から粘液(ただの水)を飛ばしてきます。
結構な量飛ばしてきます。
分かってるので身構えた私もちょっと濡れました。

エルム街と同じく、生身のリーガンに追いかけられるシーンもあります。
曲がり角まがってもついてきます。
最後尾の夫が全く動じないのを見ると、右側の私の方に来ました。
私パニック。前の方へ詰める。
私の後ろをブロックする形で夫が右へ移動。
すると左のさらに前の男子の方へ。
「きゃ~きた~」
男の子でも怖いものは怖いんです。

終わった終わったとロープと聖水の瓶を返却ボックスへ。
エルムを体験した私、箱から離れて壁に張り付く。
予想通り、壁からリーガン登場。
終了。

今回は右からエルムのお客さんが出てくるのが分かっているので、堂々と出口へ。
明るい場所に出て、夫がひと言。
「ネタバレ読んでるくせに、何で怖がれるねん。」
余裕で怖がっていたようです。
エルム街に比べれば、全然冷静だったつもりなんですけどね。
「だってネタバレには、左右どっちからくるかまで書いてなかったんだもん。あと唇切れた。」
「なんでやねん。」

怖がりさんにオススメポジション

前もしくは後ろ寄りの右側。
やっぱり一番前も最後尾も怖いですけど、真ん中左の集中攻撃率が半端ないです。
エクソシストに関しては後ろからの攻撃は一回のみ。
しかし、かなり長め&至近距離でリーガンがついてくるのでご注意を。
所要時間は約10分。

エルム街とどちらが怖い?

エクソシストの方が人気らしいのですが、私としてはエルム街の方が怖かったです。
先に体験したからというのが、かなりの要因。
他にも、エクソシストはリーガンの人形感が強い。
エルム街は生身のフレディが何回も出てくるので、ぎょっとする回数が多めに感じました。

後は、どちらも一緒に参加するメンバー次第なところがありますね。
男の人が多いと途端に安心感が高まる気がします。
怖がりさんは、ホラーに耐性がある人を誘って一緒に行きましょう。

エルム街の悪夢はこちらの記事をご覧ください。
imageUSJ『エルム街の悪夢2』整理券情報と怖がり主婦の感想
2016年USJハロウィンアトラクションの1つ。 小学生以下は参加できない、ホラー度4のアトラクションです。 初めに言っておくと、私...

スポンサーリンク

スポンサーリンク


down

コメントする




ファッション

プロフィール

まあち

まあち

カエルと食べ歩きが大好きな主婦です。
大阪在住の30代です。